読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリエイトですしおすし。

小さく稼ぐ個人事業主の主婦メモ。

プラグインを入れている途中の主婦

新サイトにプラグインを入れています。入れるものは決まっていて、テキスト主体か、画像が多いかどうか、リピーター対応するかどうかで増減します。

 

それでは覚書を。

デフォルトのプラグイン

ハロードーリーは削除、他の2個は有効化。(スパムを捕獲するプラグインAPIとやらは共通なので、前のブログからコピペ。)

必要に応じて入れるプラグイン

Optimize Database after Deleting Revisions リビジョン削除

WordPressの管理画面で記事を直接いじっているので、リビジョンがたまります。たまりすぎると表示速度が落ちるそうですので、削除して軽くするためのプラグインです。

それだけでなく「データベースの最適化」もしてくれて便利(だそうです)。それに越したことはありません。

1日1回、一番アクセスの少ない時間帯に走らせるよう、設定しています。実際にアクセスが集まるようになったら再チェックして設定し直します。

BackWPup バックアップ

以前サーバーの障害にあいました。

そこで2種類のジョブを設定します。同じサーバー内のファイルに保管するジョブ、DropBoxに保管するジョブです。

5分刻みで設定できるので、上のリビジョン削除と時間をずらす。

この他にたまに自分の家のパソコン(HDD)にDLすること。(NASの設定すること)

でも復元作業までやったことはありません…

EWWW Image Optimizer  画像圧縮

画像をアップロードするときに圧縮してくれるプラグインメタデータを取り除く設定ができます。(念のため)

解説ブログでは英語版ですが、今では翻訳されています。

 
AddQuicktag

そのサイト独自のタグを手早く入力できます。共通で使うものは辞書登録していますが、装飾や文字色はサイトに合わせるので、これに頼ります。

 

Broken Link Checker

リンク切れをチェックしないとアフィリは話になりません。

 

Redirection  リダイレクト

URLはデフォルトは止めてます。分かるURLが1番です。

単語の区切りは半角スペースにすると自動的に-に変換されます。同じURLにしてしまったら自動的に枝番が付きます。

間違えてデフォルトで公開したら必ずリダイレクト。

カテゴリーのURLにも注意。カテゴリーをインデックスさせている場合、結構な確率で流入があるので、スラッグでURLを指定し、指定しなかった場合、必ず指定してリダイレクト。

 

はてなブログもいざというときのためにカスタムURLを使っといたほうが。

Shortcoder  ショートコード

案件の停止や修正を要求された時に役に立ちます。読み込むファイルが多くなろうが、便利さには叶いません。

リンクをショートコードで呼び出している場合、Broken Link Checkerはショートコード内まではチェックしてくれません。別の対策が必要です。

 

 

Category Order and Taxonomy Terms Order カテゴリーの並べ替え。
Google XML Sitemaps サイトマップ送信

Gグルアナリティクス、サーチコンソールに登録する時に有効化。

Login LockDown ブルートゥースアタック対策

これだけで良くないと思ってる。しかし自宅IPアドレスだけにアクセスを限定すると、外出先から管理できない。不便。

PubSubHubbub Googleにインデックスをお願い

パクリ対策、SEO対策。どうしても急いで反映させたい時は自分でFetchasGグルで操作。

Ads by datafeedr.com ランダム表示

リピーターのお楽しみ用。名前が、時々現れるスパムに似ているんですが。

Contact Form 7 ユーザーのお問い合わせ用。