読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリエイトですしおすし。

小さく稼ぐ個人事業主の主婦。

その新人は、会社のコピー機で便せんを自作していた。HTMLを独学し、部署の紹介ページを作っていた。

自 己 紹 介

現在はお母さんとブログ運営をしています。今週のお題「印象に残っている新人」の記事をはてなブログのひとつめの記事に選びました。かつ「トピック「新入社員」について」にも乗っかってます。

新人は休日出勤日に勝手する。

休日出勤日、暇でした。人員も少なく、直接の先輩もいませんでした。そこで「羽を伸ばせるな」と考えたのでしょう。家からお気に入りのノートを持ちこみました。

白黒だから、普通にコピーしてもそのまんま可愛い。

 

会社にはコピー機があります。

新人はノートを何枚かコピーしました。そして「切り貼り」しました。できたものをさらに何枚もコピーしました。自作の「便せん」の出来上がりです。

こういう便せんが欲しかったんだよね……

 

この新人はもちろん私です。

その後、青天の霹靂が。ある平日でした。

見込矢さん?あのね。

はい。

あなた休日出勤の日に、自分で何かをコピーしてるんですって?

 

先輩の口調は穏やかです。

 

……
(バレたの?なぜ?誰が?どうして?)

  

そういうことは、いけないよ。

あ、はい。

  

私はうろんな顔つきで返事をしたと思います。返事だけです。でもいけないと言われたので、それ以降は便せん作りを止めてました。

少し経った頃、別の部署から先輩の先輩に当たる人がやってきました。(大局様です。)

あなたが見込矢さん。

あ、はい。

あの〇〇さん(先輩のこと。)を困らせてるらしいなぁ。

?(む……先輩が困っていたとは初耳。だったとしても、その事実をどうして知っているの?なぜ、私に言うの?これ注意?)

  

先輩の口調は穏やかです。怖い大局様と聞いていたけど、優しそうだと私は考えてました。

言い訳ですが、学生時代にある会社でアルバイトを経験し、就職も決まっていました。地域限定の契約社員ですけど。一応真面目ですから、そうなったようです。でもお給料が低いことが気になり、年始になってからお断りしました。電話一本で。

自分で言いますが、私は少しユニークな人間です。ついでかどうか近親者にコミュ障のような人がいますし。そういう血と環境に染まって出来上がった新社会人が私でした。

 

新人は平日に勝手する。

その後、別の勤務先での1年めの話です。

発足したばかりの部署でした。私に与える仕事はまだ旧部署で行われていました。非常に暇でした。見積書や請求書を入力する仕事しかありませんでした。眠りそうになるので、ネットをしてました。

ホームページはメモ帳で作れます。

へえええ……

  

こうして何かをきっかけに「HTML」を知ります。

アクセサリからメモ帳ね…
これにタグというコトバを入力する……

そして拡張子ってのを変えれば、パソコンで見られるの?

  

私はタグの説明ページを大量に印刷しました。印刷好きなんで。

何かのサイトを作ってみよう。

 

そんなことを目論んでいました。就業時間内にやる心尽しとして、その部署の紹介ページ作りたいと思いました。

数日して出来上がると、部署共通のフォルダに保管し、年の近い営業の人に見せてました。

見込矢さん、すっごいですね。
こんなのが作れるんですか。

はい。

 

褒めてもらって満足です。そのうち忙しくなってしまったこともあり、それ以上はできませんでした。このように私は暇な時間があると勝手な個性を発揮してしまうらしいです。

メモ帳に手打ちして作ったこのミニサイトが、私のWebデビューでした。そして●年後、便利なワードプレスを使ってブログ運営をしています。このことについては、また別の機会に書きます。書かせてください。