アフィリエイトですしおすし。

小さく稼ぐ個人事業主のメモ。(主婦)

アフィリエイトブログ運営の5月ふりかえり

 

ブログでアフィリエイト運営の5月の記録です。まずアクセス。

 

f:id:mikomiya47:20170601214928p:plain

GW(グラフの左端)が良すぎました。このまま右上がりなら良かったですが、今はメンタルをジョリジョリ削られています。

 

サイトも金額もジャンルすら公表していませんが、報酬のグラフです。

 

f:id:mikomiya47:20170601213640p:plain

2月に大きく落とした後、伸びてます。

 

たまたま稼げて、そのまま走り続けています。つまり作業が必要なジャンルです。他ジャンルで収益の柱を作りたいです。

 

経理の問題もイヤになってしまいました。

 

経理の書類の整理整頓が、できているようでできていません。

また老化が進んでいて名詞が出てきません。今は「テザリング」がすぐに出ませんでした。悲しくなります。

 

クラウド会計を導入している税理士なら顧問料が安い(1万円前後〜)ようです。頼もうかという気になってます。

メールで問い合わせ〜訪問〜という流れです。信頼できそうな人だといいんですが、不安も大きく、問い合わせするかどうか迷います。

(以前やったことはあります。)

もしも頼むなら、稼げるうちに稼ぐ!という覚悟でやったほうがいいですよね…

アフィリエイトの撤退ラインを考えたり、稼ぎまくる?ことを考えたり

落ち着きません。ちなみに撤退ラインは収益が経費の150〜200%になった頃と考えています。私のような零細型は広告費もないし、辞めるときはすっぱり辞められるはずです。

 

かと思えば、めちゃくちゃ売れる日があって、過去に良かった時期の再来かと思うほどです。「思い切って一丁やってみようか」と思ったりします。(実はこの判断をしたほうがいいです。でも…グダグダ。)

 

気になるアクセス状況ですが、短いスパンで一喜一憂しがちな私。そこで数ヶ月の長いスパンでみてみると、ゆっくり右上がりしています。明るいほうに考えてもいいのでしょうか?

 

 

辞めることを考えたときに「でもほそぼそとはやっていきたい… やっぱり今の生活が好きなのかな…」そんな思いも浮かびました。

 

どうなるのか…

 

頭悪いってきついです。

 

アクセス禁止にしてみた

今日はリンク元や国別に見て、不審なアクセスをアクセス禁止設定にしました。

使っているA解析にそういう機能がついているのです。アクセス禁止にするとGグルに戻されるという処理がされるそうです。

 

自分でhtaccessに書くより手軽です。(日本とGグル以外は弾いてもいいと思っています。日本のことを知りたい海外の方には申し訳ないけど。)

 

不審=明らかに検索エンジンではないもの、リファラスパムと分かっているもの、滞在時間が0秒のもの、2−3分以内に数十回アクセスしてきているもの。

 

ただ細かく見ていくと、1回めは0秒のアクセス、2回めはアフィリリンクを踏んでいるアクセスがあります。見知らぬ国のWin7でも怪しんではいけないのでしょうか…

 

 いたちごっこ

結局いたちごっこなのだと。やはり記述するしかないです。カントリーコードでアク禁にするか、IPアドレスアク禁にするか…

 

調べていくとSEO的には良くないとGグルのフォーラムにあったりで、迷います…

 

海外の人にも人気のある日本のKWもあるでしょうし、困ってます。